6月 27, 2019

Select your Top Menu from wp menus

大谷翔平の2号2ランに「悔しいよ、彼は良い打者だ」相手右腕も脱帽

6回にリードを広げられる2号2ランを浴びたロイヤルズ右腕ジュニスエンゼルス 6-3 ロイヤルズ(日本時間19日・アナハイム) エンゼルスの大谷翔平投手は18日(日本時間19日)、本拠地ロイヤルズ戦に5試合連続で「3番・DH」でスタメン出場。第3打席で復帰後、本拠地初アーチとなる2号2ランを放った。痛恨の一発を浴びた相手先発ジェイク・ジュニス投手は「彼は本当に良い打者だね」と大谷を称えるしかなかった。 ロイヤルズ先発右腕のジュニスは呆然と打球を見送った。大谷は2点リードの6回1死一塁の第3打席で91マイル(約146キロ)の直球を捉えた。打球は高々と舞い上がり右翼席に飛び込む2号2ランとなった。  MLB公式サイトの解析システム「スタットキャスト」によると、打球の初速は111マイル(約178.7キロ)、最高到達点152フィート(約46.3メートル)、飛距離は393フィート(約120メートル)だった。 リードを広げられる痛恨の一発を浴びたジュニスは「確かに悔しいよ。6回のようなホームランを打たれたときは毎回ね。内角には投げられていたんだ。十分内角を突けなかったけどね。そこを付け込まれたんだ。彼は良い打者だね」と悔しさをにじませていた。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です