6月 27, 2019

Select your Top Menu from wp menus

ブンデスリーガ選手が選ぶ「最も衰えが見えた選手」に厳しい回答

ドイツ誌『キッカー』が、プロ選手250名へのアンケートを実施し、その結果を発表した。『キッカー』は25年間に渡って選手アンケートを実施。シーズン前半戦終了時と全日程終了時に開票し、結果を明らかにしていた。選手が選ぶ今季のMVPはレヴァークーゼンのMFカイ・ハヴェルツとなっていたが、それ以外にも興味深い質問と回答があった。まず、「最も素晴らしいスタジアムは?」という質問の答えは、予想通りドルトムントのシグナル・イドゥナ・パルクがトップに。全体の35.2%を占めた。続いたのはフランクフルトのコメルツバンク・アレーナで30.4%。今季は欧州の舞台でも最高の雰囲気を作り上げ、高い勝率も記録した。その後、3位にブレーメン、4位シャルケと続いている。一方で、王者バイエルンは上位には入らず。スタジアム自体が観光名所となり、観光客が多くなっているという難しさもうかがわせた。さらに、「最も衰えが見えた選手は?」という厳しい質問は、バイエルン・ミュンヘンのDFジェローム・ボアテングが17.6%でトップに。今季は不振からスタメンの座も失い、今夏には退団が噂されている。その後はシャルケのセバスティアン・ルディ(12.4%)、ラルフ・フェアマン(8.8%)、シュトゥットガルトのマリオ・ゴメス(8%)と、チームとともに不調に苦しんだ選手が続いた。また、ブンデスリーガのレベルに関する問いも。最も多かった回答が「変わらない(維持)」で42.8%。「上がった」と「下がった」はともに28%となっている。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です