6月 27, 2019

Select your Top Menu from wp menus

超高層ビルのガラス張り床におびただしい亀裂発生 入場客は真っ青

地上103階に位置するガラス製展望台の床部分に無数の亀裂が/Jesus Pintado/Facebook(CNN)米シカゴ市の観光名所でもある超高層ビル「ウィリスタワー」103階の外側部分に張り出しているガラス張りのバルコニーで13日までに、足元の床部分を覆う耐性を強める保護材におびただしい亀裂が発生し、入場客が肝を冷やす一幕があった。ウィリスタワーは地元のCNN系列局WBBMに、保護材には亀裂が走ったものの期待された機能を示したため、危険な事態に直面した入場客らは一切いなかったと説明した。シカゴ市の景色や足元の街並みなどが眺められる展望台スポットとして知られるバルコニーは「ザ・レッジ」と呼ばれ、年間約150万人の客を集める。重さ5トンまで耐えることが可能で、ガラス表面に塗装されている保護材はひっかき傷なども防ぐという。亀裂が走った瞬間をビデオ撮影したシカゴ地域の住民はWBBMの取材に、女性と子ども2人は本当に真っ青の表情を示し、おびえていたと証言した。ザ・レッジの保護材は2014年5月にも亀裂が起き、今回と同様の騒ぎを起こしたことがある。入場客らに危険はなかった。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です