6月 27, 2019

Select your Top Menu from wp menus

巨人・炭谷銀仁朗が古巣に痛烈な3ラン 移籍後初V打に続く連日の恩返し

 ◇交流戦 巨人―西武(2019年6月13日 メットライフD)

 巨人・炭谷が古巣・西武を相手に痛烈な一打を放った。

 巨人1点リードの4回2死二、三塁の好機で打席に入った炭谷。郭俊麟(クォ・ジュンリン)の初球を完璧に捉えると、打球は西武ファンが陣取る左翼スタンドへ。貴重な3号3ランで、立ち上がりから粘りの投球を続ける先発・桜井を援護した。

 前日の試合では移籍後初の決勝打を放った31歳。古巣に連日の“恩返し”となった。炭谷は「打ったのはストレート。コンパクトに振りぬくことができました。いい追加点になってくれたと思います。桜井も頑張っているし、どんどん援護したい」とコメントした。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です