6月 27, 2019

Select your Top Menu from wp menus

日本航空のエアバスA350初号機が羽田空港に到着 9月にデビュー

日航のエアバスA350初号機が羽田空港に到着し、格納庫で写真に納まる関係者=14日午前 日航が計31機を導入するエアバスの最新鋭機A350の初号機が14日、工場があるフランス・トゥールーズから羽田空港に到着した。デビューは9月1日の羽田―福岡線。米ボーイング777に代わる主力機として、国内、国際線の主要路線に順次就航する。 胴体にシンボルカラーの赤い文字で「A350」と入った初号機は午前7時45分ごろ、羽田空港のB滑走路に着陸。赤坂祐二社長や社員約100人が拍手で出迎えた。操縦した宮下篤機長は「心地よい緊張感のフライトだった。パイロットの要求に機敏に反応してくれる機体だ」と振り返った。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です