6月 27, 2019

Select your Top Menu from wp menus

アーセナルのユース監督、10代女性審判を侮辱し活動停止処分に

『Times』は13日、「アーセナルのU-9で監督を務めているアレックス・ニコルズは、女性審判への暴言で活動禁止処分となった」と報じた。事件は今年初めに行なわれたアーセナルU-9とレディングU-9の試合で発生したものだとのこと。アーセナルの指揮を取っていたニコルズは、この試合を裁いていた10代の女性審判が下したジャッジに不満を持ち、「Little P◯◯◯k(男性器の意味で、一般的には相手を侮辱するスラング)」など虐待的な暴言を叫んでいたとのこと。審判は最終的には涙を流し、試合終了後にはアレックス・ニコルズとの握手を拒否したそう。イングランドサッカー協会はこの試合を受けて調査を開始。当初ニコルズは侮辱的な行為を否定していたが、後に暴言を発したことが確認された。【関連記事】 「美女審判」の前でパンツを脱いだ選手、1年間の出場停止にニコルズには3試合の活動停止処分と400ポンドの罰金が課せられ、アーセナルは彼をU-9の監督から解任。1スタッフとしての立場に戻したそうだ。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です