6月 27, 2019

Select your Top Menu from wp menus

大谷翔平は「ホームランを狙っていた」同僚フレッチャーが証言

フレッチャーがコメント「彼が狙っていたのはヒットだとは思わない」エンゼルス 5-3 レイズ(日本時間14日・タンパ) エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地レイズ戦で日本人メジャーリーガーとして初となるサイクル安打を達成した。「3番・DH」で2試合連続でスタメン出場すると、初回にいきなり先制の8号3ラン。さらに第2打席で左中間を破る二塁打、第3打席でも三塁打を放って王手をかけると、7回の第4打席に中前安打。4打数4安打の大当たりで、エンゼルス史上7人目(8度目)の快挙を成し遂げた。 初回いきなりの3ランを放った大谷。第2打席は左中間を真っ二つに破る二塁打を放ち、第3打席は左腕ヤーブロウのスライダーを右手一本でひろい、右翼線への三塁打とした。サイクルに王手をかけて迎えた第4打席は、右腕ウッドのカットボールにやや詰まりながらも中前へと運んだ。 快挙を達成した、この第4打席。大谷自身は“単打狙い”ではなく“本塁打狙い”だったと、チームメートのデビッド・フレッチャー内野手が証言している。地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」が「エンゼルスはレイズに勝利し、ショウヘイ・オオタニはサイクル安打を記録」とする記事の中で、その真相をレポートしている。 記事ではサイクル安打に王手をかけた後に、大谷と言葉を交わしたフレッチャーの言葉を紹介。「彼(大谷)がホームラン、二塁打、三塁打を打った後にフレッチャーと話した時、オオタニはこう言った:『いや、もう一本(ホームランを)打ちたい』」としている。そしてフレッチャーの「彼が狙っていたのはヒットだとは、僕は思わないね。彼は間違いなくホームランを狙っていたんだ。あの打席を見ればわかるけどね。でも、彼がヒットを打ってくれて僕は嬉しいよ」とするコメントを紹介した。 実際、大谷はこの打席、1ボールからの2球目、続く3球目とウッドの真っ直ぐに対してフルスイング。3ボール2ストライクからの6球目、7球目に対しても当てに行くようなスイングをすることはなく、フルスイングでファウルにしていた。そして8球目、切れ込んでくるカットボールにやや詰まりながらも、中前へと弾き返した。 試合後、大谷は第4打席を振り返り「単打を打ちたいなということはなかったですけど、なんとかフォアボールでもいいから自分の仕事をしたいと思っていた」と語っている。単打でサイクル安打達成だからといって、自らの打撃を変えることはしない。“大谷らしさ”のこもった記録達成の打席だったと言えるだろう。(Full-Count編集部)

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です