6月 27, 2019

Select your Top Menu from wp menus

ライバル・バルサからレアルへ 久保と同様「禁断の移籍」をした選手たち

久保建英のレアル・マドリーへの移籍が公式に発表された。しかし、久保建英といえばバルセロナのユースで育ったことで有名。先日はその古巣への復帰が噂されたが、その最大のライバルであるレアルへ加入する道を選んだ。これまでそのような「禁断の移籍」をした選手は誰がいるのか?有名な5名のスターを紹介する。ルイス・フィーゴバルセロナ所属:1995〜2000年レアル・マドリー所属:2000〜2005年バルセロナとレアル・マドリーの間で行なわれた『禁断の移籍』といえばフィーゴである。その象徴となったのは、両チームの直接対決であるエル・クラシコで豚の頭が投げ込まれたという衝撃の事件だ。スポルティング・リスボンから1995年にバルセロナへ加入したフィーゴは、様々な名選手とともに多くのタイトルに貢献。ファンからも大いに愛される存在だった。しかし2000年に突然当時の世界記録となる移籍金でライバルのレアル・マドリーへ電撃移籍。その年の10月にカンプ・ノウで行なわれたクラシコでは「裏切り者」「ユダ」「クソ野郎」「傭兵」と数多くの罵声が飛んだが、フィーゴは耳に手を置くジェスチャーで答えた。現在はアンバサダーとして様々なプロジェクトに関わっている他、プロサッカー選手向けのソーシャルネットワークサービス「Network90」を運営している。ベルント・シュスターバルセロナ所属:1980〜1988年レアル・マドリー所属:1988〜1990年華麗なテクニックを持ち、創造性に溢れるパスからチャンスを作り出したドイツ人司令塔。代表チームではタイミングも合わず活躍できなかったが、リーガ・エスパニョーラではバルセロナ、レアル・マドリー、そしてアトレティコ・マドリーと名門で長くプレーした。21歳という若さでケルンからバルセロナに加入し、8シーズンに渡ってプレーする。そして1988年には大きな批判を浴びながらもライバルのレアル・マドリーへと直接移籍し、リーガ2連覇に大きく貢献する活躍を見せている。引退後は指導者に転身し、2007-08シーズンには古巣レアル・マドリーで監督を務めた。今年中国の大連一方を解任されてからはフリーエージェント。ミカエル・ラウドルップバルセロナ所属:1989〜1994年レアル・マドリー所属:1994〜1996年デンマークの歴史上最高の選手として知られるラウドルップ兄弟の兄。ラツィオ、ユヴェントスでプレーし、代表ではユーゴスラヴィアの辞退で急遽出場したEURO1984で準優勝を果たす。そのチームは「ダニッシュ・ダイナマイト」と呼ばれ、ミカエルはその中心的な役割を担った。1989年にはヨハン・クライフの誘いによってバルセロナへと加入し、数多くのタイトル獲得に貢献する。しかし後に外国人枠の超過によって出場機会が減少し、1994年にライバルのレアル・マドリーへと移籍した。サンティアゴ・ベルナベウでは加入初年度でリーガ・エスパニョーラ優勝を経験し、2シーズンプレーした後に当時JFLのヴィッセル神戸に加入した。引退後は指導者を務めているが、所属クラブはない。ハビエル・サビオラバルセロナ所属:2001〜2007年レアル・マドリー所属:2007〜2009年童顔なルックスから「コネホ(うさぎ)」の愛称を持ち、高い人気を誇ったサビオラ。2001年のワールドユース(現U-20W杯)では今なお最高記録である11ゴールを決め、MVPと得点王をダブル受賞した。その実績から2001年にバルセロナへと加入。3年間で44ゴールを決めたものの2004年には立場が悪化し、モナコ、セビージャへのローン移籍を経験することに。復帰後もベンチに座る機会が多く、2007年にレアル・マドリーへと移籍した。彼の境遇もあって「禁断の移籍」ほどの批判は浴びなかったが、レアル・マドリーでもむしろ出場機会が減少。2シーズンを過ごした後にベンフィカへと去っていった。現在はアンドラに移住しており、1部リーグのFCオルディーノで指導者を務めるほか、フットサルリーグのエンカンプで現役選手としてプレー。今季は得点王に輝いている。ロナウドバルセロナ所属:1996〜1997年レアル・マドリー所属:2002〜2007年「世界最高のストライカー」として今なお話題になる“元祖”ロナウド。1994年に加入したオランダのPSVアイントホーフェンで圧倒的な得点能力を見せつけ、ボビー・ロブソン監督の誘いでバルセロナへと移籍した。20歳という若さながらスペイン初年度で37試合34ゴールという結果を残し、ロブソン監督が発したという「戦術はロナウドだ」というコメントは今なお語り草に。その実績をもって、当時欧州最高のリーグであったイタリア・セリエAのインテルへ移籍した。2002年の日韓ワールドカップでブラジルを優勝に導いた後、3900万ドル(およそ42.2億円)という移籍金でレアル・マドリーに加入。ますます太めになる体型から批判を浴びることも多かったが、それでも毎年得点を量産し「銀河系軍団」の一員として活躍した。【関連記事】レアル×バルサ、『最悪の合体ワースト11』現在はスペイン2部のバジャドリーの株式を過半数取得し、オーナー兼会長を務めている。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です