6月 27, 2019

Select your Top Menu from wp menus

梅雨の季節に注意したい「耳カビ」重症化すれば難聴にも

 「イヤホン」を付けている人が多いと思うが、梅雨の時期は注意が必要かもしれない。耳の中が蒸れてしまい、思わぬ事態につながりかねないという。

 街行く人が驚きの声を上げるのは、耳の穴の中を撮影した写真。そこには黒い大きな物体が…。カビだ。実はジメジメするこの梅雨の時期、耳の穴の中にカビが生えるケースが増えるというのだ。専門家によると、重症化すれば難聴になってしまう場合もあるという。

 それにしても、なぜ耳の穴の中にカビが生えるのか…。通勤途中など長時間、付けていることも多いイヤホン。これがカビを発生させる原因になっているという。長時間、イヤホンをすると耳の中の湿度が高くなり、その状態が続くとカビが生えるという。さらに、原因はこれだけではない。耳かきのしすぎによって傷が付くと炎症が起き、その周りにカビが発生しやすくなるという。

 ところで、耳の中のカビはどう防げばいいのか。

 東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科学教室・山本裕教授:「長時間、イヤホンを付けていた人はなるべく短時間にして、耳かきを頻回にしている方は綿棒で入り口を月に1、2回、お風呂上がりにクルッと1、2周、そんなイメージで耳かきをされると良い」

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です