6月 27, 2019

Select your Top Menu from wp menus

ローソンの店主らが本部に団体交渉を要求 「6年間で休み1日だけ」

 コンビニエンスストア大手「ローソン」のオーナーが、本部に対して団体交渉を求めたことを明らかにしました。

 ローソンに申し入れをしたオーナー:「私は6年間で1日しか休んだことありません。妻は週1回休んでいるんですけど、お正月もありませんし、生活は今の収入では成り立っていません」

 埼玉県春日部市で1店舗を経営するオーナーと個人加盟の労働組合は14日、ローソンに対して売上の45%分のロイヤルティーの見直しなどを申し入れました。このオーナーと妻の合計労働時間は毎月約650時間に及び、店の利益から換算した時給は648円で、埼玉県の最低賃金898円を大きく下回っているということです。ローソンは個々のオーナーとの話し合いを進める一方、団体交渉については労使関係にないとして拒否しました。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です