7月 24, 2019

Select your Top Menu from wp menus

辻希美と加護亜依のユニット「ダブルユー」 13年ぶりに歌番組出演

 元「モーニング娘。」の加護亜依(31)と辻希美(32)のユニット「W(ダブルユー)」が26日、テレビ東京「テレ東音楽祭2019」(水曜後5・55)に生出演した。同ユニットでの歌番組出演は13年ぶり。

 スタジオに登場すると、加護が「お久しぶりです」とあいさつ。辻は「意外と久しぶりな感じがしなくて不思議。さっきもコメントを取った時に息が凄く合ってて」とコメントすると、加護は「やっぱり双子だったんじゃないかって」と笑顔で応じた。

 2人で6人の子供を持つママとなったダブルユー。MCのTOKIO国分太一(44)が「お母さんとしての話もするのですか」と質問すると、辻は「そうですね。子供同士で遊んだりもしています」と答えた。

 スペシャルメドレーでは「淋しい熱帯魚」「ロボキッス」を披露。2人はブランクを感じさせぬ、息ピッタリなパフォーマンスを披露した。

 二人は同グループに2000年に加入し、04年には初コンビ「W(ダブルユー)」を組んだ。加護が07年に2度の未成年喫煙で解雇されことで、ユニットでのライブ出演は06年1月以来なかったが、今年3月に千葉・幕張メッセで行われたイベント「ひなフェス」で、約13年ぶりにステージで共演した。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です