7月 24, 2019

Select your Top Menu from wp menus

大麻を密輸した疑いで仙台市の男ら4人を逮捕 隠し場所はマネキン

 宮城県警銃器薬物対策課は26日、末端価格計約1300万円相当の大麻をマネキンに隠して米国から密輸したとして、大麻取締法違反(営利目的輸入)の疑いで、仙台市青葉区の自営業小野純平容疑者(44)ら男4人を逮捕したと明らかにした。 他の3人は、同市太白区の自称自営業米山友啓(30)、同市太白区の無職鈴木隆大(28)、同市青葉区の職業不詳吉野誠司(44)の各容疑者。 逮捕容疑は昨年10月、小野、米山、吉野の3容疑者は氏名不詳者と共謀し、乾燥大麻約1.4キロを仙台市内に空輸した疑い。小野、米山、鈴木の3容疑者は同12月、同様に乾燥大麻約1.2キロを空輸した疑い。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です