7月 24, 2019

Select your Top Menu from wp menus

広島のドラフト1位ルーキー小園海斗 フレッシュ球宴MVPに

 ◇フレッシュオールスターゲーム2019 全ウ5―1全イ(2019年7月11日 楽天生命パーク)

 次代を担う若手有望選手による祭典「プロ野球フレッシュオールスターゲーム2019」が11日、宮城・楽天生命パークで行われ、ウエスタン・リーグ選抜がイースタン・リーグ選抜を5―1で下し、昨年に続いて2連勝を飾った。

 通算成績はウエスタン選抜の29勝20敗6分け。最優秀選手賞(MVP)には先頭打者アーチを含む2安打を放った広島のドラフト1位ルーキー、小園海斗内野手(19)が選ばれ、賞金100万円を手にした。広島選手のMVP選出は2007年の中東以来12年ぶり。優秀選手には梅津(中日)と中村(ロッテ)が選ばれ、それぞれ賞金50万円が送られた。

 ウエスタン選抜は初回、小園(広島)が吉田輝(日本ハム)から右翼スタンドへ先頭打者アーチを放って先制。フレッシュ球宴の初回先頭弾は76年の高橋慶彦(広島)、83年定岡徹久(広島)に次いで3人目の快挙。2回には中川(DeNA)から林(広島)、熊谷(阪神)と2本の適時打を放って2点を加えると、6回には清水(ヤクルト)から石橋(中日)が左前2点適時打を放って逃げ切った。

 イースタン・リーグ選抜は先発マウンドに上がった吉田輝がいきなり被弾し、打線は0―3で迎えた3回に無死三塁としながら3者連続三振、0―5で迎えた7回の1死一、二塁も2者連続三振。9回に内野安打で出塁した藤原(ロッテ)が立て続けに二盗、三盗を決めて山下(巨人)の中犠飛でようやく1点返したが、そこまでだった。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です