7月 24, 2019

Select your Top Menu from wp menus

野村克也氏がヤクルトOB戦のスピーチで感謝「足を向けて眠れません」

後ろで支える小川現監督にゲキ「何をやっているんだ!」最下位脱出願う ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦「オープンハウス presents スワローズ ドリーム ゲーム」が11日、神宮球場で開催された。試合後のセレモニーでは「GOLDEN 90’s」を率いた野村克也監督がマイクを持ち、ファンの心に染みるスピーチを行った。 ノムさんは若松勉氏、小川淳司氏らに支えられ、場内のファンに語りかけた。「長い野球人生でヤクルトスワローズに足を向けて眠れません。ヤクルトのユニホームを着て日本一3回、リーグ優勝4回。これほど名誉なことはありません」と90年から98年の間に残した成績を振り返り、ファンに感謝した。 しかし、一転。前半戦を34勝48敗の最下位でシーズンを折り返した現在のチームに喝。「今後も小川監督、選手に頑張っていただきたい。今は最下位。何をやっているんだ」と語気を強めると後ろで支える小川監督は苦笑い。「今の私の正直な気持ちです。ヤクルトに頑張ってもらいたい。そんなさみしいことはありません。1日も早く最下位を脱出して優勝戦線に加わってください。影ながら応援しています」と巻き返しを期待していた。(Full-Count編集部)

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です