7月 24, 2019

Select your Top Menu from wp menus

ヤクルトOB戦 古田敦也氏が「泣きの1イニング」で延長戦に

開始時天候不良で5回終了予定も…ベンチ前に向かい“お願い” ヤクルトの球団設立50周年を記念したOB戦「オープンハウス presents スワローズ ドリーム ゲーム」が11日、神宮球場で開催。若松勉監督率いる「Swallows LEGENDS」が野村克也監督率いる「GOLDEN 90’s」を6-3。特別ルールの5回で終了し、勝利したと思ったが、予想外の展開が待っていた。 5回裏、最後の打者・古田敦也氏がクローザーの林昌勇氏に打ち取られた。しかし、古田氏はチームメートの真中満氏らと何やら作戦会議。三塁ベンチの敵将・若松監督、大矢明彦氏にまさかのお願い。「もう1イニングお願いします!」とチームみんなで頭を下げて、試合延長となった。(Full-Count編集部)

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です