8月 24, 2019

Select your Top Menu from wp menus

栃木・日光の世界遺産で220年間名前違い 関係者の指摘で判明

 220年にわたって名前が間違えられていたことが発覚した。

 栃木県日光市にある世界遺産「日光山輪王寺」。そこで、意外な事実が発覚した。観光客が驚くのは国の重要文化財「二天門」に安置されている四天王像の1つとされる木像。実は、約220年にわたり「広目天」と呼ばれていたが最近、「増長天」と分かったのだ。

 日光山輪王寺宝物殿館長・柴田立史さん:「よく調査してみましてこのお方は『広目天』というよりも『増長天』というふうに言うべきだろうなと」

 そもそも四天王は「持国天」「増長天」「広目天」「多聞天」からなり、それぞれ、東西南北の四方を守護する仏様とされている。そんな四天王像の1つ、増長天を広目天と誤るという事態がなぜ発覚したのか。ポイントは手にしている刀だった。増長天は通常、刀を持っているが、広目天は筆や巻物を持っている。しかし、輪王寺の像は手に刀を持っている。それに対し、関係者から「広目天は刀ではなく筆を持っているのでは?」などと指摘され、寺は奈良県の唐招提寺の四天王像と比較するなどして調査した。その結果、広目天ではなく増長天と判断したという。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です