8月 24, 2019

Select your Top Menu from wp menus

ロシアの軍施設で爆発 当時現場周辺で放射線量が16倍に上昇

ロシア北西部にある軍の施設で8日に起きた爆発について、ロシアの気象当局は、当時現場周辺で、放射線量が16倍に上昇したとする観測結果を公表した。NHKニュースが報じた。

この爆発をめぐってはトランプ米大統領が、アメリカ軍などがコードネームで「スカイフォール」と呼ぶ、原子力を動力源とする最新の巡航ミサイル「ブレベストニク」の実験の失敗によるものだったとの認識を示している。

ロシア 軍施設での爆発 放射線量最大で16倍に上昇 気象当局(NHKニュース)

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です