8月 24, 2019

Select your Top Menu from wp menus

中国が対抗なら「究極の報復」トランプ大統領が制裁関税を巡りけん制

アメリカが来月発動を予定している中国への制裁関税をめぐり、トランプ大統領は15日、中国が対抗措置をとるならアメリカには「究極の報復手段がある」と述べ、けん制した。アメリカは、中国への制裁関税・第4弾を来月1日に発動する予定だが、中国政府は15日、発動されれば「必要な対抗措置をとらざるを得ない」と発表している。これに対し、トランプ大統領は15日、中国が対抗措置をとればさらなる報復で対応する考えを示した。トランプ大統領「中国は対抗措置をとることはないと思うが、もしとったらアメリカには究極の報復手段がある」また、大統領は「貿易戦争が長引けば中国は弱体化するが、アメリカは強くなる」と強調した。中国に圧力をかけるとともに、大統領選挙を来年に控え、強気の姿勢を支持者にアピールする狙いがあるとみられる。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です