5月 20, 2019

Select your Top Menu from wp menus

間寛平はたけし軍団入りの可能性も 吉本の部長に11日間説得される

 東京に進出して、来年で30年を迎える間寛平(69)。寛平に昔からお世話になっているという元芸人インタビューマン山下が、東京進出の知られざるエピソードを聞いた。――東京に進出したきっかけは、お告げがあったからって本当ですか?【関連記事:間寛平いま語る「アースマラソン」どんだけ死にかけてるか…】「ホンマや。地方に営業に行ったとき、泊まっていた旅館の部屋に夜中3時ぐらいに帰って来て、畳の上に座ったら、畳の目が『東京行け〜東京行け〜』言うから……」――お告げの主は畳やったんですか(笑)!「そうや。それで『よっしゃ! 東京行こう!』と。ほんで、けじめをつける意味で吉本も辞めようと思って……。でも、東京行こうと思ったものの、なんの当てもないのよ(笑)。 それで、島田洋七に連絡して『悪いけど、俺、たけし軍団に入りたいから、たけしさんを紹介してくれ』って頼んでん。『ほんなら東京出てこいや』言われて、嫁と子供2人連れて4人で上京したんや」――たけし軍団に入りたいと思ってたなんて、全然知りませんでした。「ほんで洋七がたけしさん紹介してくれて、たけしさんに飲みに連れて行ってもらってん。そこで『たけし軍団に入れてください。お願いします』って頼んだんだけど、俺がべろべろに酔ってしもたんよ。 ほんならたけしさんがお付きの運転手を呼んで『寛平ちゃんを送ってって』と言ってくれて。それで送ってもらってる道中で、お付きの運転手が俺に『僕ら、ずっと寛平さんのこと、関西で見てきて憧れてた人なんです。そんな人が軍団に入るなんて絶対やめてください』って言われて」――それでたけし軍団入りは断念したんですか?「そう。今度は俺の嫁が子供の頃に欽ちゃんの追っかけしてて、欽ちゃんに可愛がってもらってたんよ。それで嫁と子供連れて、欽ちゃんにテレビ局まで会いに行って『面倒見てくれませんか』って嫁と一緒に頼んだんや。 そしたら欽ちゃんが事務所を紹介してくれて、その事務所に入ることになったんや。そしたら、そこから吉本の部長に『辞めんといてくれ』って11日間ずっと説得されて……。 ラジオのレギュラーの最終回にも部長が来て、そこで部長に『寛平ちゃんにやめられたら、ほんま吉本興業の恥やわ。東京に行きたいなら東京事務所に入ってくれへんか』って言うてくれて。それで『そこまで言うてくれるんやったら、わかりました』ってなって、吉本の東京事務所に入ることになったのよ」 寛平の東京進出に、まさか大物芸人が2人も関わっていたとは……。寛平の奥さんが欽ちゃんの追っかけというのも衝撃の事実だ。※9月23日、ルミネtheよしもとにてコントLIVE「寛平がまとわりつく8人」公演予定

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です