6月 27, 2019

Select your Top Menu from wp menus

16歳女子生徒への買春容疑で捜査 5歳女児にもわいせつの疑い

 女児にわいせつな行為をし、その様子を撮影したとして、神奈川県警山手署は28日、強制わいせつと児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、横浜市旭区二俣川の無職、川村晃平容疑者(26)=同法違反(買春)容疑で逮捕=を再逮捕した。 容疑を認めている。 再逮捕容疑は平成29年2月10日午後8時35分ごろ、同市緑区の民家敷地内で、同市保土ケ谷区に住む当時5歳の女児(6)にわいせつな行為をしたうえ、携帯電話のカメラでその様子を撮影したとしている。 同署によると、川村容疑者はこの日、女児が住宅街を1人で歩いているところを発見し、声をかけた。女児は母親に叱られて家を飛び出し、祖母宅へ向かっていた。川村容疑者は女児の祖母宅の駐車場で犯行に及んだという。 川村容疑者は今年2月、当時高校2年で16歳だった女子生徒(17)=同市戸塚区=に現金を渡してみだらな行為をしたとして12日、児童買春の疑いで逮捕されていた。捜査の過程で携帯電話に女児の写真が記録されていることが判明。その後の調べで川村容疑者の犯行を特定したという。

参照:livedoorニュース

About The Author

毎日のニュースをまとめています。ここに掲載されている記事の著作権は参照サイト様にあり記事の修正はお受けできかねます。削除依頼には迅速に対応致します。

Related posts

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です